ブログ

顧問契約書とは?作成方法とポイントを徹底解説

投稿日:2024年6月11日

カテゴリ: 顧問

顧問契約時の顧問契約書の作成方法と記載ポイント

顧問契約書の作成にあたり、ポイントとなるのは契約の内容を明確にすることです。まず、顧問とは企業の経営戦略や法務面でのアドバイスを行う重要な存在であり、その役割を明確に契約書に記載することが必要です。

また、契約期間や報酬、業務範囲、機密保持などの各条項も丁寧に取り決めることで、トラブルを未然に防ぐことができます。

契約書の作成では、顧問の選定から契約の更新までのプロセスをしっかりと確認し、関係者との円滑なコミュニケーションも重要です。

顧問契約書は企業と顧問の信頼関係を築くための重要な文書であり、丁寧な作成が求められます。

顧問契約書とは?

顧問契約書とは、企業と外部の顧問との間で締結される契約書のことです。企業の経営戦略や法務面でのアドバイスを得るために、法務担当者や顧問弁護士、税理士などの専門家を顧問として選定し、彼らとの間で取り決める契約書です。

この契約書には顧問の役割や業務内容、期間、報酬などが明記され、双方の権利や義務が整理されます。企業にとっては戦略的なパートナーシップを構築するために欠かせない重要な契約書であり、信頼関係を築く上での基盤となります。

一方、顧問にとっても契約書は業務内容や報酬条件などを明確化し、トラブルを予防するための重要な文書です。顧問契約書は双方のプロフェッショナリズムを示す重要なドキュメントであり、慎重に作成することが求められます。

顧問契約書の定義

顧問契約書とは、企業と外部の顧問との間で締結される契約書のことです。企業が外部の専門家に経営戦略や法務面でのアドバイスを求める際に締結されるものであり、顧問として選定される法務担当者や弁護士、税理士などの専門家との間で取り交わされます。

この契約書には、顧問の役割や業務内容、期間、報酬などが明記されるほか、機密保持、業務委任の範囲、契約の更新条件なども取り決められます。

企業にとっては外部の専門家との信頼関係を構築し、経営戦略や法務面での重要な支援を受けるための基盤を整備する契約書であります。

一方、顧問にとっても業務内容や報酬条件などを明確にし、双方の権利と義務を整理することでトラブルを未然に防ぐことができます。

顧問契約書は、企業と顧問双方の権利と義務を明確にし、円滑なビジネスの進行をサポートする重要な文書であり、その作成には慎重な配慮が求められます。

顧問契約と他の契約の違い

顧問契約は企業と外部専門家の間で締結される契約であり、専門家が企業の顧問として一定期間、一定の報酬をもとにアドバイスや意見を提供する契約です。

一方、一般的な業務委託契約や労働契約は企業と個人または法人の間で締結され、特定の業務を委託したり労働を提供することを目的とします。

顧問契約では長期的な信頼関係が求められ、高度な専門性が重視されます。そのため、契約書の内容も、他の契約とは異なるポイントが多く存在します。

顧問契約書が必要な理由

顧問契約書が必要な理由について、以下に詳しく解説します。
企業が顧問契約書を締結する理由の一つは、経営戦略や法務面での専門的なアドバイスを受けるためです。

例えば、企業が新規事業を展開する際、法務面でのリスクを最小限に抑えるために顧問契約を結ぶことがあります。顧問契約書には、顧問の役割や業務内容が明確に記載されるため、企業は専門的なサポートを受けることができます。

また、顧問契約書は企業と顧問の関係を円滑に保つためにも重要です。顧問契約書には報酬や契約期間などが定められており、双方の権利や義務が明確になるため、トラブルを防ぐことができます。

さらに、企業の成長戦略に合わせて、顧問契約書の更新や内容の見直しを行うこともあります。顧問契約書は企業と顧問の信頼関係を構築するために不可欠な文書であり、適切に作成することが重要です。

顧問契約書の作成プロセス

顧問契約書を作成する際の基本的なプロセスは以下のようになります。

まず最初に、顧問契約に至る経緯や目的を明確にし、顧問との間での期待や役割を確認します。次に、契約期間や報酬、業務範囲、機密保持のルールなど、具体的な契約内容を詳細に決めていきます。

この際、顧問の選定基準や継続的な評価・更新のプロセスも考慮することが重要です。さらに、契約書の作成にあたっては、法律の専門家や経験豊富な顧問との協力が不可欠です。

最後に、契約書の原案を作成し、関係者との十分な協議や調整を行い、最終的な合意を得ることが必要です。このように、顧問契約書を作成するプロセスは慎重かつ丁寧な姿勢が求められます。

事前準備と必要な情報

顧問契約書を作成する際には、以下の情報や準備が必要です。
まず、顧問契約の目的や期間、報酬、業務範囲、機密情報の取り扱いについて明確にするために、企業側と顧問との間での要件定義を行います。

次に、関係する法律や規制についての情報を収集し、契約書の内容が適法かつ適切であることを確認します。また、契約書の作成にあたっては、企業の事業戦略や法務上のリスクを考慮し、将来的な変化や拡大に備えた柔軟性を持たせることも重要です。

最後に、契約書の作成に関わる関係者との調整やコミュニケーションを円滑に行うために、社内外の関係者との十分な情報共有と協力体制を整えることが求められます。

ドラフト作成とすり合わせ

顧問契約書を作成する際に重要な段階の一つが、ドラフト作成とそのすり合わせです。

ドラフト作成では、契約内容や細かな条項を具体化し、明確に記述することが求められます。ここで、顧問との契約期間や業務内容、報酬体系などについて具体的に書き起こし、双方の了承を得ることが重要です。

まずは企業側と顧問側でそれぞれの立場や要望を確認し、透明性と公平性を重視した契約内容を目指しましょう。

次に、ドラフトのすり合わせという段階では、関係者とのコミュニケーションが欠かせません。

契約書の細部にわたる相互の要望や配慮事項について、円滑な意思疎通を図りながら議論を進めていきます。ここでのコミュニケーションは、将来的なトラブルを未然に防ぐためにも重要な意味を持ちます。

このように、ドラフト作成とすり合わせは契約書作成の中でも特に慎重に行うべき段階であり、関係者間の認識の共有や合意形成を図るための重要なプロセスです。

最終確認と署名

顧問契約書の作成において、最終確認と署名の段階では契約内容の正確性や双方の了解が不可欠です。

まず、最終確認では契約書の全文を詳細にチェックし、各項目が実際の合意内容と一致していることを確認します。間違いや誤解を避けるために、専門家や関係者との相談を行いながら、不明確な点や疑義がないかを慎重に検討します。

そして、双方の同意が得られたら、契約書に署名・捺印を行います。この署名によって、契約書が法的に有効となり、双方の責務が発生します。署名は慎重に行われるべきであり、契約書の条項についての理解を深めたうえで行動することが肝要です。

最終確認と署名の段階では、手続きの厳密さと信頼関係の維持が両立されるよう、細心の注意を払うことが求められます。

顧問契約書に記載するべき項目

顧問契約書に記載すべき項目は、以下のようなものがあります。

まず、顧問の役割や業務内容を明示することが重要です。顧問の提供するサービスやアドバイスの範囲を取り決めることで、双方の期待値を明確にすることができます。

次に、報酬についての取り決めも重要です。顧問契約書には報酬の支払い条件や金額、支払いスケジュールなどを明記し、双方の合意を得ることが必要です。

さらに、顧問との機密保持についても取り決めることが重要です。顧問は企業の機密情報に触れることがあるため、情報漏洩を防ぐための取り決めが必要です。

他にも契約期間、解除条件、責任の所在、契約の更新に関する条項なども重要なポイントです。顧問契約書を作成する際には、これらの項目を丁寧に検討し、双方が納得する内容を明記することが重要です。

契約書名

契約書名には、「顧問契約書」と明碽に記載されるべきです。契約書名は、文書の性質を明確にし、把握しやすくするために非常に重要です。

契約当事者の名称

契約当事者の名称は、契約書作成において非常に重要な要素です。まずは、契約に参加する法人や個人の正確な名称を明記することが不可欠です。

さらに、役職や連絡先なども含めて記載することで、契約の当事者を明確にすることができます。

契約当事者の名称は、契約の有効性や後々のトラブル防止にもつながるため、正確かつ詳細に記載することが重要です。契約書における当事者名称は、企業間取引やサービス提供など様々な場面で重要な情報となります。

契約するサービスの内容

契約するサービスの内容は、顧問が提供する具体的な業務やアドバイスについて明記する重要な項目です。まず、経営戦略立案や法務アドバイスなど、顧問が提供するサービスの範囲を明確にしましょう。

そして、定例の面談や報告書の提出、緊急時の対応など、具体的な業務内容や提供する頻度についても明記します。

これによって、双方がサービス内容について理解を深め、期待値を一致させることができます。

また、具体的な業務内容が明確になることで、顧問とのコミュニケーションや成果の評価も円滑に行えます。契約するサービスの内容については、顧問との信頼関係を築く上で非常に重要な項目です。

報酬と支払い方法

報酬と支払い方法については、具体的な金額や支払いスケジュール、支払い方法などを明確にすることが重要です。まず、顧問契約書において顧問へ支払う報酬の金額を明記し、その支払いスケジュールを取り決めます。

報酬の支払い方法についても、銀行振込など具体的な方法を記載し、双方が納得する形で取り決めます。顧問契約書では、報酬に対する支払い遅延時の罰則についても明記することで、双方のリスクを軽減します。

また、報酬の見直しや支払い条件の変更についての取り決めも重要です。報酬の支払いに関する細かな条項を明確にし、途中でのトラブルを未然に防ぐことが顧問契約書作成のポイントとなります。

契約期間と更新

契約期間と更新についての記載は、顧問契約書において重要なポイントです。まず、契約期間は双方が合意する必要があります。一般的には1年間を基準としていますが、必要に応じて期間を調整することも可能です。

契約期間の終了に際して、自動更新の有無を明確にすることも大切です。自動更新の有無や更新の手続きを明示することで、契約の継続に関するトラブルを避けることができます。

さらに、契約期間の更新に関しては、更新の条件や通知のタイミングなどを詳細に記載することが重要です。更新の条件が変更される可能性がある場合には、それに関する取り決めも契約書に明確に記載しましょう。

契約期間と更新に関する取り決めは、顧問と企業との関係を円滑に保つ上で非常に重要なものです。

契約解除の条件

契約解除の条件は、互いの合意に基づく解除や、一方の違反行為による解除など複数の条件が考えられます。まず、互いの合意に基づく解除の場合、一定の予告期間を設けて円満に契約を解除することが一般的です。

一方の違反による解除の場合は、違反内容や修正の機会を与えるための注意義務などを規定することで、公平な契約解除が可能になります。

契約解除の条件については、双方が理解しやすいような文章で明確に定めることが大切です。

裁判管轄と紛争解決

顧問契約書作成において裁判管轄と紛争解決についての取り決めは重要です。裁判管轄は、契約上のトラブルが生じた際にどの裁判所で争うかを定めるもので、最も紛争が起きやすい場合や、契約相手の居住地によって適切な裁判所を明記します。

紛争解決については、裁判所による解決だけでなく、仲裁や調停といったADR(Alternative Dispute Resolution)の手段を選択することもできます。

ADRは裁判所の手続きよりも迅速でコストを抑えることができる一方で、解決が困難な場合もありますので、契約書作成時に検討することが重要です。

顧問契約書の雛形とテンプレート

顧問契約書の雛形とテンプレートについて、具体的な文章の例を示します。まず、「契約当事者」、「契約期間」、「報酬」などの項目を明確に記載することが重要です。また、「業務範囲」や「秘密保持義務」などの重要事項も詳細に記載しましょう。

契約書の形式や言葉遣いも、あなたのビジネスや業界に合ったものにすることを忘れないでください。顧問契約書は企業と顧問の関係を明確にし、トラブルを未然に防ぐためのものです。したがって、しっかりと作成することが重要です。

顧問契約書作成時の注意点

顧問契約書を作成する際にはいくつかの注意点があります。まず、契約書には顧問と企業の間でどのような業務範囲が定められるのかを明確に記載することが重要です。顧問が提供するサービスやその範囲、期間などについて具体的に定めることで、後々のトラブルを防ぐことができます。

また、報酬についても明確に取り決めることが必要です。報酬の支払い条件や金額、支払いスケジュールなどを明確にしておくことで、支払いに関する問題を防ぐことができます。

さらに、守秘義務についても忘れてはなりません。顧問は企業の機密情報に触れることがありますので、機密情報の取り扱いについての条項を契約書に盛り込むことが重要です。

これらの注意点を踏まえた上で、顧問契約書を丁寧に作成することが大切です。契約書の内容が明確であり、両者が納得のいくものであれば、円滑な契約運用が期待できます。

契約書の適用範囲を明確にする

顧問契約書を作成する際には、契約書の適用範囲を明確にすることが重要です。適用範囲を明確にすることで、契約書の対象となる業務や期間が明確になり、トラブルを未然に防ぐことができます。

まず、契約書において顧問が提供するサービスや業務範囲を具体的に明記することが重要です。どのような分野のアドバイスやサポートを提供するのか、それに伴う業務内容や範囲を明確に定めておくことで、両者の期待が一致し、誤解や揉め事を防げます。

さらに、契約期間についても明確に取り決めることが必要です。契約の開始日と終了日、更新の可否などを契約書に記載しておくことで、顧問契約がいつからいつまで有効なのかを明確にすることができます。

契約書の適用範囲については、双方が納得のいく形で取り決めることが重要です。顧問契約の内容を丁寧に取り決め、適用範囲を明確にすることで、円滑な業務遂行が期待できます。

契約解除条項の明示

企業と顧問との間の契約においては、契約解除の条件や手続きについても明確にすることが不可欠です。特に、顧問との信頼関係が重要な場合、突然の契約解除は双方にとって大きな影響を与える可能性があります。

そのため、契約解除の事由や手続き、解除に伴う経済的損失などについてしっかりと規定しておくことが重要です。契約解除に関する条項は、双方のリスクを最小限に抑えるためにも、明瞭かつ公平なものであることが求められます。

具体的には、契約解除の事由や通知期間、解除後の費用負担などを取り決めることで、不測のトラブルにも対応しやすくなります。また、解除事由が生じた際の円滑な交渉やトラブル解決に向けた取り決めも、契約解除条項の一環として検討することが重要です。

契約解除に関する明示的な条項は、双方の安全保障のためにも欠かせないものとなります。

よくある質問

顧問契約書作成時によくある質問について解説します。

Q: 報酬の支払い方法は?
A: 報酬の支払い方法は、月次や依頼ごとの支払いなど、具体的な支払いスケジュールを契約書に明記します。
Q: 顧問の業務範囲はどのように決めれば良いですか?
A: 顧問の業務範囲については、企業のニーズや契約相手との打ち合わせを通じて具体的な業務内容を明確にし、契約書に記載します。
Q: 顧問との契約期間はどのように設定すればよいですか?
A: 顧問との契約期間は、双方の利益や長期的な関係性を考慮し、柔軟な更新条項を含めつつ、適切な契約期間を設定します。
Q: 機密保持についてどのように取り決めれば良いですか?
A: 機密保持については、具体的な機密情報の明示や漏洩時の対処方法などを細かく取り決め、両者が納得できる形で契約書に明記します。

個人と法人の顧問契約の違い

個人と法人の顧問契約の違いについて解説します。個人の場合、主に個人事業主や起業家が顧問契約を結ぶことがあります。

個人の場合、契約内容や報酬、契約期間などを自身で交渉し、契約書を作成することが一般的です。一方、法人の場合、企業の規模や事業内容、契約相手としての立場が異なるため、契約の内容や交渉、契約書の作成は法務担当者や専門家のアドバイスを受けながら行われることが多いです。

法人の場合は、契約書に機密保持や業務範囲、報酬の支払い方法などを細かく取り決め、リーガルチェックや交渉に時間を費やすケースが多いです。

個人と法人の顧問契約では、契約内容の複雑さや立場の違いがありますが、どちらも信頼性のある関係を築くための大切な手続きであることは共通しています。

契約期間はどのくらいが適切か?

契約期間の適切な長さは、企業の状況や顧問との関係性によって異なります。一般的には、1年から3年程度の期間で契約を結ぶことが多いです。

短すぎると信頼関係の構築に時間がかかり、長すぎるとニーズの変化に対応できなくなる可能性があります。契約期間については、双方の立場や将来の展望を考慮し、柔軟な契約更新条項を含めることが重要です。

まとめ

顧問契約書の作成は企業にとって重要なプロセスです。顧問との関係を築くためには、契約書にしっかりと内容を明記する必要があります。

具体的な業務内容や報酬体系、機密保持などを細かく取り決めることで、将来のトラブルを未然に防ぐことができます。

また、契約期間や更新の条件なども重要なポイントです。顧問側の立場からも求められる条件をきちんと確認し、お互いが納得できる契約書を作成することが大切です。

顧問契約には信頼関係が重要であり、しっかりと契約書を作成することで信頼を築くことができます。契約書の作成には専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

« 顧問弁理士のメリットと活用方法
顧問弁護士とは?顧問契約のメリットと選び方 »