シニアアドバイザー

ホーム > シニアアドバイザー > 田村新吾の顧問プロフィール

シニアアドバイザー詳細情報

田村新吾(タムラシンゴ)
■支援地域:日本全国
■略歴:
1946年栃木県生まれ。1969年早稲田大学理工学部卒業後、ソニー株式会社に入社。15年間音響製品企画設計担当の後、1988年コンピュータ事業部長等を経て1992年より商品企画者育成、社内ベンチャー統括、社内横断企画マン統括、新規事業開拓(CD-ROM、ソネット、二足歩行ロボット「キュリオ」)に携わる。

2002年北海道大学MOTプログラム「マーケティング論」を担当。2003年北海道大学客員教授、同年慶應義塾大学非常勤講師、札幌ビズカフェ塾長、日本創造学会会員。2006年ソニーを退職。

専門は機械工学、新興商品事業開発、マーケティング論。著書に『生活革新商品の開発とマーケティング論』(共同文化社 2005)。論説に「開発型企業に求められる企業風土と人的マネジメント」(研究開発リーダー 2006)、「巨大メディアの誕生」(三田評論 1996)。この他、新規事業、新商品開発、人事開発関係の講演は年平均20回を数える。

得意分野や強みは何ですか?

1.ビジネス・デザイン
主にモノ創り事業、サービス事業、また複数の企業による複合事業の事業モデルを、その事業目的、最終のお客様、お手持ちの経営資源から最適に立案し、生氣と活氣の企業として立ち上がるまでプロデュースをさせて頂きます。

2.ビジネススペシャリストのコーディネイト(仲介)
ビジネスデザインに基づいて最適のスペシャリストをご紹介します。
 ワンダーワークスがご紹介するビジネス・スペシャリストは、それぞれ各分野で実績のあるワンダー(本物)の方々ばかりです。

本物商品のビジネスデザインをするためにワンダーなパートナーたちと協力してサポートいたします。また、お客様のお困りの内容に応じ、直接スペシャリストをご紹介、仲介も致します。お気軽にご相談ください。

仕事へのこだわりを教えてください。

元氣社会を作り、 誠実事業家を育てる「魅力啓発家」

◎1946年7月25日栃木県生、東京蒲田育ち。
虚弱、病弱と父母の愛から育まれた感受性、町工場街で育まれた工作好き。
武蔵野の 立川高校、バンカラな早大理工を通じて創造性が開花。
ソニー38年の商品創造人生から たどり着いたイノベーターを創る「啓発家」 でございます。

◎印象に残る点と点:
・早稲田大学でのロボット工学と、合気道(現在六段)。
・ソニー38年、音響機器設計、IT機器事業部長
としての苦労、 CD-ROM開発の苦労、ソネット立ち上げ時の人心調和、社内横断企画マン育成。

・影響を受けた人々:
父母、姉、井深大、宮本武蔵、沢庵、一休、二宮尊徳、
渋沢栄一、鮎川義介

◎今の種まき:
・慶大、早大、北大、ソニー学園学生たち
・企業顧問累計20社
・日本創造学会、NPO北海道活性化センタータクティクス
今すぐこの顧問に相談する

どんな会社を顧問として支援したいですか?

企業の皆様の天性を伸ばし、社会発展して頂くことが事業の目的となっております。日本産業の祖、鮎川義介の順天経営、ソニーの創業者の井深創造哲学を基礎にして、新規事業、新規商品の開発を得意とさせて頂いております。

ワンダーな経験者たちは、創造活動、智恵の提供そして元氣創りの応援者たちで、愛を中心に置いた日輪に囲まれたワンダーランドを構成し、皆様のハッピー創りをめざします。